ファッション

現役アパレル店員がオススメするプチプラブランド

こんにちは。YouSayです。

僕は今も現役でアパレルショップの店員として働いていますが、その前にはレディースウェアの商品デザインを約2年半していました。

商品の縫製や素材選びで様々な生地屋を回り、ハイブランドからファストファッションの製造も実際に目にしてきました。

 

現在、レディースファッションでは特に「プチプラ」が流行しています。

今回、商品デザインをしていた経験と現役でアパレルショップで働いている経験から選ぶ【プチプラにオススメのレディースブランド】をご紹介いたします。

値段はもちろんですが、クオリティや着用できる年数なども考慮してみました。

 

そもそも「プチプラ」って何?

今、テレビ番組でやっている「ファッションコーデ対決」みたいなやつでもよく出てくる言葉ですが、「プチプラ」の基準って曖昧です。

 

そもそも「プチプラ」とはプチプライスの造語で、その略称です。
「安くて良いもの」ということを指しています。

 

その中で、よく言われているのは

ファッションでの「プチプラ」の基準は¥3,000前後 

ということがケースが多いです。

 

それを踏まえて、今回は「¥1~¥3,000」を基準にしてご紹介いたします。

 

というのも、中には

Aさん
Aさん
¥5,000でもプチプラじゃん!
Bさん
Bさん
¥10,000以内でもプチプラなんじゃないの?

 

など、かなり人によって基準が変わってしまいます。

収入や好きなブランド等もありますので、購入者の方にとっての「安いと思う基準」を目安にするのがいいのではないでしょうか。

 

 

「安くて良いもの」は正直少ない

「プチプラ」=「安くて良いもの」
ということになりますが、正直に言うとそのようなアイテムはかなり少ない印象です。

実際、プチプラでよく取り扱われているブランドの多くは1年すると素材がよれたり、毛玉がかなりできるといったことも多く見られます。

 

実際にプチプラが流行ってから、僕も仕事柄いろんな「プチプラブランド」を見てきましたが、かなり差はハッキリでます。

もちろん、それぞれで洗い方や保存方法も変わるので一概には言えませんが、その差は結構分かりやすいなと感じました。

 

その中で、元デザイナーとして「このプチプラブランドはいいな」と感じた3ブランドをご紹介致します。

 

オススメのプチプラブランド ① UNIQLO

これは、世界的にも有名なので説明不要なブランドですね。

 

なぜUNIQLOが1位なのか。
それは・・

1.誰でもオシャレになれるシンプルで分かりやすいアイテム

2.クオリティが群を抜いて良い

大きく分けるとこの2つがポイントです。

 

誰でもオシャレになれる。誰でも使いやすいアイテムがある

公式サイトを見ればわかりますが、誰が着てもオシャレになれる。

「誰が着ても」です。

小柄な方、ふくよかな方、様々な体系に対応できるバリエーションが多いのは、買い手からするとありがたいですよね。
しかも、自分で選びやすいアイテムも多い。

実際、UNIQLOで店員から接客をしてくるケースって少ないんです。

それが「自分で選びやすいアイテムが置いてある」という証拠です。

 

クオリティが群を抜いて良い

ここでいうクオリティは「縫製」についてです。
型紙は、結構ベースの型を少し変えてみた!とかも多いので、ファストファッションにはしょうがないところですね。

「プチプラ」の中で縫製のレベルは群を抜いてUNIQLOが良く感じます。

・縫い目が綺麗

この項目については、特に思います。

 

シンプルなデザインだからこそ、割と縫い目のせいでシルエットが変わることとかレディースだとよくあるんですよね。特に柔らかい素材とか。

また、縫い目が綺麗だと良いものに見せやすくなるんです。

アイテムによって、そう見せれるのがUNIQLOなんです。

 

オススメのプチプラブランド ② GU

知っている方も多いかもしれませんが、【GU】はユニクロが更に購入しやすい価格帯になったブランドです。

GUを選んだ理由はこちらです。

・プチプラと言われる価格範囲で買い揃えられる幅が広い

・とにかく安い

 

購入できるアイテム数が多く、バリエーションが揃えられる

今回基準にしているプチプラの価格帯(¥1~¥3,000)で購入できるアイテム数がかなり多い印象が毎シーズン強いです。

最初にご紹介した【UNIQLO】よりも展開するアイテム数を多めにされているとは思いますが、

アイテムによっては、色違いで購入することも余裕でできるカラーバリエーションをそろえています。

 

価格帯がとにかく安い

私も、店舗へお邪魔させていただいたときにびっくりしました・・・

「こんなに安いの?セールなん?」

って普通に友達に聞きましたが、定価でした(笑)

 

「低予算で収めたい!」
という方には、かなり強い味方になるのではないでしょうか。

特に、学生の方のようにアルバイトでお小遣い程度の収入しかないんだよ!という方には、簡単におしゃれ出来て、トレンドスタイルを楽しめるのはいいですよね。

 

オススメのプチプラブランド ③LOWRYS FARM

こちらも全国のショッピングモールなどにも多く出店されていて、有名なカジュアルブランドですね。

こちらも、\3,000以内で結構おしゃれできるかなと感じたブランドです。

 

前述した2つのブランドと選んだポイントは少し違いますが、

・コンセプト設定をしているブランドの中では、幅広い年齢に適応できるアイテム展開

・アプローチが上手い

今のプチプラブランドの中でも、この2つは頭二つ抜けていると感じたポイントです。

 

幅広い年齢に適応できるアイテム展開

ブランドの世間的な購買層のイメージは10代~20代前半みたいですが、実際は、

25歳以下が4割、25歳以上が6割

のようです。

 

アイテムを実際に見てみても、20代~40代でも行けるんじゃないかな?っていうアイテムが多い印象です。
素材感やデザインも、トレンドと定番の要素をうまくブレンドされていて、使いやすいイメージがあります。

刺繍やレースの使い方など、一歩間違えると着難しく感じるデザインでもすんなりと着こなせる。

「アイテムによって着こなしが難しい」ということが【LOWRYS FARM】には少ないのかなと感じます。

 

アプローチが上手い

他のブランドと違う観点でここが凄いなと感じましたが、LOWRYS FARMは2年前の2018秋冬シーズンからリブランディングを仕掛けています。

リブランディングとは、すでに構築されたブランドイメージやターゲット層を、時代や顧客に合わせて再構築すること。

現在のブランドに対する理解度やイメージの熟知が出来ていないと、失敗する可能性があります。

このリブランディングが、より消費者も分かりやすい広告で打ち出されました。

メインターゲットが25歳以上に変わり、実際の購買層も25歳以上が増えているそう・・

 

この打ち出し方が、商品にもしっかりと反映されて消費者にも伝わりやすくなっていました。
素材のクオリティやデザインも、キャリア層の消費者にも合うアイテムが明らかに増えた。

これは、「若者向け」が多いプチプラブランドの中から抜け出した感じがするので、これから一層アイテムのクオリティも上がってくるでしょう。

 

プチプラブランドを購入するときに気をつけたい事

僕は仕事柄、様々なプチプラブランドの服を触れてきました。

正直に言うと「素材」に関してはどのブランドも長くて「3年」着れるかどうかです。
部屋着は別として。

良く見えるのは1回目の着用。
手入れをしっかりしないと、そこからよれたり、型崩れしたりがかなり早いです。

 

本当にそうなの?別にそんなことはないと思うけど・・

 

そんな声が聞こえてきそうですが、実際ネットやSNSでも

・1シーズン使ってもう売った

・数回選択しただけで色褪せちゃった・・気に入ってたのに。

などなど、こういったコメントをたまに見かけます。

 

素材や染めたりする染料など、低価格で販売する以上コストダウンをさせないといけないので、目をつむらないといけないポイントだと僕は感じています。

というよりも、プチプラブランドにそこまで求めてはダメです。

 

気をつけないといけないのは、

その服で、自分が満足できるかどうか

これだけだと思います。

 

満足することを考える

2万、3万するような服って頻繁には買うことは出来ないし、「めちゃくちゃ高いわ!」って感じる人もいます。

手軽に最新のオシャレをしたい!というところでプチプラブランドを活用することが大事です。

5年以上愛用したいと考えるのであれば、それは別のブランドに託すしかありません。

 

手軽にオシャレ出来て、満足できる。
1年1年買い替えながら流行を楽しめる。

これがプチプラブランドの醍醐味です。